小口ローンの借入可能額|注目のビジネスローンの活用法【便利なお金のサービス】

注目のビジネスローンの活用法【便利なお金のサービス】

ウーマン

小口ローンの借入可能額

4つのクレジットカード

個別の審査で決定される

カードローンは、給料日前に生活費が足りない、ちょっとまとまった買い物がした、などといった場合に便利に使えるローン商品です。借入可能額は取扱会社ごとに異なりますが、おおむね下限は1万円から、上限は300〜500万円までというのが一般的です。中には借入限度額が1,000万円というところもあります。ただ気をつける必要があるのは、たとえば借入限度額が500万円のカードローンだからといって、誰もが500万円いっぱいまで借りられるわけではないということです。実際の借入限度額は、個々の利用者の年齢や収入、勤務先等の状況及び法律の規定によって決まります。その審査基準や算定方法については、やはり取扱会社ごとに異なります。

法律上のルールに注意

借入限度額が決定される際、大前提となるのが総量規制というルールです。これは、貸金業者は個人の年収等の3分の1を超える額を貸し付けてはならないという、法律上の規定です。このルールに従えば、たとえば年収が450万円の人ならばカードローンの借入限度額は150万円までとなります。この規制は借入総額に対するものなので、たとえばA社ですでに80万円の借入れがある場合は、B社での借入限度額は70万円となります。ただし、この総量規制はあくまで消費者金融等の貸金業者のみに適用されます。銀行のカードローンには規制がありません。このルールをベースとして、それぞれの状況を加味して個人ごとの借入限度額が決められます。各社とも算定基準は明かしていませんが、勤務先の規模・勤続年数・雇用上の身分・過去の借入れ状況・持ち家に住んでいるか賃貸かといった項目について精査されるとされています。